シナジーカンパニーとの15年  感動、感謝、そしてこれからも・・・

オフィシャルショップはこんなにお得!

特集・読み物

シナジーカンパニーツボのツボ

INDEX

vol.73

シナジーカンパニーとの15年  感動、感謝、そしてこれからも・・・



【第十部 新しい道を歩んでいく】

ここまで、シナジーカンパニーとの出会いから、大きな決断に至るまで、順を追って書き進めてきましたが、やっと現在の状況を話すところにまでたどり着きました。今後は、今私たちが取り組んでいる業務について、そして新サイトのオープンについて、さらにはおすすめ商品についてなど、できるだけタイムリーにお伝えしていきたいと思います(今回から「です、ます」調にトーンが変わりました)。

まずは、私たちが取り組んでいることについて・・・
今私たちはシナジーカンパニーのホームページを日本語に翻訳し、さらに日本のお客様が買い物しやすいよう、お手伝いするサイトを準備しています。海外の製品を購入するにあたって多くの人が二の足を踏むのは、そのサイトが全て英語(あるいは他の言語)であること。日本語のサイトから購入できる方がいいのは間違いありません。ただ何度も検討を重ねていくうちに、日本語でのショッピングサイトを新たに作るのではなく、現在のシナジーカンパニーのサイトでご購入いただこう、という結論に至りました。
国内での法律の問題やシナジーカンパニーの契約倉庫との連携、システムの連動など、クリアすべき課題が多く、それらをすべて解決していくにはかなりの時間と費用を要することが分かりました。その結果、私たちは日本語で、皆さまの購入をサポートするサイトを作ろうということになったのです。なんの不便も感じずに、とまではいきませんが、できる限り日本のお客様がストレスやご不安なく買い物を楽しめるように、と考えています。逆にメリットとしては、本国と同じ価格で(送料などは掛かりますが、それでもかなりお安くなります)購入頂けること、新商品もタイムリーにご紹介でき、最新の賞味期限の商品がお届けできることです。
もう間もなく、オープンの期日をお伝えできるところまで来ておりますので、楽しみにお待ち頂ければ幸いです。

ところで、また別の話になりますが、私たちそれぞれの「新しい道」のお話しも少しずつお伝えしていこうかと思います・・・
まずはシナジーカンパニージャパンの創立者、若松英輔について。実は彼はすでに数年前より実務からは離れ、現在は批評家、詩人、そして大学教授(東京工業大学 リベラルアーツ研究教育院)として、別の道で活躍されています。NHKの「100分de名著」などにもたびたび出演し、昨年は、3月に詩集『見えない涙』で第33回詩歌文学館賞、10月には、『小林秀雄 美しい花』で角川財団学芸賞と、大きな賞をダブル受賞しました。ミッチェルと英輔、二人の出会いが日本にシナジーカンパニー製品を届けてくれた功績は非常に大きいものがあったと思います。今は言葉を「心のサプリメント」として、皆さんに届ける仕事をしています。

・若松英輔の「読むと書く」ホームページ
・若松英輔の「声のメルマガ」 (←私も話の聞き手として参加しています。)

 

先頭へ戻る

ページトップへ