シナジーカンパニーとの15年  感動、感謝、そしてこれからも・・・

オフィシャルショップはこんなにお得!

特集・読み物

シナジーカンパニーツボのツボ

INDEX

vol.63

シナジーカンパニーとの15年  感動、感謝、そしてこれからも・・・



【第四部 ピュアシナジーを売るのは至難の業?】

待ちに待ったピュアシナジーが届いて、いよいよ発売できるとなってから、実に半年ものあいだ、(なんと!)ほぼ1本も売れなかった。知り合いや以前勤めていた会社の担当者などにサンプルとして送ることは何度もあったが、大方の反応は「まずい」「青臭くて飲みにくい」「これって何にいいの?」「売り文句は?」「ちょっと高いよねー」「ヒーラーが作ったサプリってなんか怪しいですよね?」・・・という感じ。好意的な反応は返ってこなかった。

味や飲み方に関しては、リンゴジュースに混ぜることを提案したり、シェーカーを無料で差し上げることで飲みやすくしたりと工夫を重ねるうちに、不思議なもので、「美味しい」「この味が大好き」「すごく健康に良さそうな味」などのお声が届くようになった。
シナジーカンパニーやミッチェル・メイについて、さらにはオーガニック原材料や製造へのこだわりなどを知って頂くことで、ポジティブな情報が先に得られると、感じられる味も変わってくるものなのかも知れない。徐々に、「ピュアシナジーの味が好き、癖になる」などとブログやSNSで公言してくださる方も増えてきて、次第に味などに関してのクレームは少なくなっていった。(注:どうしてもダメな方のためにカプセル製品も開発した。)

この商品は何にいいのか?どういう悩みを持つ人が飲むべき商品なのか?そこが曖昧だという指摘は、私たち自身も自覚していた。15年前は今よりも表現に関する規制がゆるかったようで、「○○に良く効きます」「○○したい方にお勧め」「目にいいサプリ」など、多少の効能効果は書いても大丈夫というのがサプリメント業界全体の(裏の)常識だったように思う。けれども私たちはそれにピタリとはまるような言葉を持たなかった。米国シナジーカンパニーの当時のサイトには下記のような説明が並んでいた。

・汚染物質やストレスに対抗する力をサポート
・頭脳の明晰さや集中力を高める
・アスリートのパフォーマンスと回復を助ける
・活力あるエネルギーを持続的に供給する
・健康的な免疫機能とエイジングをサポート
・デトックス&クレンズを促進  etc.

さて、これらすべてを併せ持つキャッチフレーズはなんなのか?どんな人にお勧めできる商品なのか?私たちは来る日も来る日も、そのことを話し合った。「いっそ、ダイエットサプリってことにします?その方が売れそうだし」とか、「アスリート専用ってことでは?」などという案もあったが、それではこの商品の素晴らしさのほんの一部しか伝えられない。対象者も自分たちで狭めてしまう。・・・最後にはみんなで頭を抱えていた。

 

先頭へ戻る

ページトップへ