春にお勧めのネトルリリーフ・・・ネトルとは?

オフィシャルショップはこんなにお得!

特集・読み物

シナジーカンパニーツボのツボ

INDEX

vol.55

春にお勧めのネトルリリーフ・・・ネトルとは?

暖かくなると虫とともに飛んでくる、あの黄色い粉・・・毎年、おつらい目に合われている方も多いかと思います。今年は寒い日が続き、雪も多く降ったので、例年よりも時期は後ろにずれている感じですが、3月〜4月の前半が本格的なシーズンと言われます。

ネトルリリーフは本国アメリカのシナジーカンパニーにはない、日本向けのオリジナル商品です。
この商品が開発される前に日本を訪れたミッチェル・メイは、多くの人がマスクをしていることに驚いていました。そして帰国後すぐに文献や論文を精査して、結果として、シナジーカンパニーがもっとも力を入れて栽培している植物のひとつ「ネトル」の葉にたどり着きました。
欧米では、ネトルの葉を爪や髪のサポートハーブとして販売しており、シナジーカンパニーではピュアシナジーにもブレンドしています。(ネトルの葉には、上記以外にも、さまざまな働きがあると言われています)

日本名は西洋イラクサ。英名ではスティンギング(トゲトゲした)ネトル(needle=針に由来する)とも呼ばれ、葉や茎には細い、けれども触れると手が腫れ上がるほどの鋭いトゲが無数にあります。日当たりと水はけの良い渇いた土地を好むため、日本ではあまり見かけません。人間を寄せ付けないようなその外見ですが、古くから人々を支えてくれてきた偉大なハーブなのです。
ちなみに、シナジーカンパニーではネトルの若葉のみを使用しています。多くのメーカーでは2メートルの高さにまで成長した、植物栄養素の少ない、安い葉を用いたり、葉と称して実は茎まで入れていたりもします(若葉と茎では、まったく価格が違います!)。そんなところにもシナジーカンパニーの品質へのこだわりが現れています。


先頭へ戻る

ページトップへ