インナーケアは「私自身になるため」に

オフィシャルショップはこんなにお得!

特集・読み物

シナジーカンパニーツボのツボ

INDEX

vol.22

インナーケアは「私自身になるため」に

先日、当社のお取引先であるコスメキッチン鹿児島店さんの企画で、マルヤガーデンズ6周年記念イベントのトークショーに呼んでいただきました。お受けしたテーマは、「Inner Beauty Care インナービューティケア」。朝からの大雨にも関わらず、定員を大きく超える方々にご参加頂き、関心の高さを実感しました。

振り返ってみると、私自身がピュアシナジーをはじめとしたシナジーカンパニー製品を飲み始めて、もう13年になります。
朝一番にピュアシナジー(パウダー)を飲み、朝食の準備をしながら、ヴァイタシナジーやピュアナチュラルCなどのカプセル類を飲んでいます。ピュアシナジーにはベリーベリープレミアムを、さらにはトマトガーデンやケールファームなどをその日の気分に合わせて混ぜて飲み、身体が無数の栄養素に満たされ、かつスッキリとするのを実感します。
夕方にも同じものを飲もうと思いながら、忙しい日にはすっかり忘れてしまっていることもありますが、あまりストイックには考えず、続けることを大切にしてきました。私にとってこれらのホールフードサプリメントは食事の一部というだけでなく、完全に生活の一部、まさにライフスタイルの一部となっています。

インナービューティケアという言葉は本質的には何を意味しているのか、トークイベントを前に改めて考え、ひとつの答えにたどり着きました。

「どんどん私自身になっていくこと」

情報として外部から与えられる、作られた美しさや誰かの美しさに基準を合わせることや、健康を犠牲にした不安定な美でもない。その人その人が本来持っている美しさを引き出していくこと。その人らしくあること。良質な食べものや良質なホールフードサプリメントには、それを強く支える力があります。

カムカム

先頭へ戻る

ページトップへ