3.11 Together we careの始まり

オフィシャルショップはこんなにお得!

特集・読み物

シナジーカンパニーツボのツボ

INDEX

vol.19

3.11 Together we careの始まり


毎年、この時期になると、寄付をするキャンペーンを行います。お客様にご負担頂くことなく、販売数に合わせて当社の売上げから、日本赤十字社に寄付金を送っています。
今回で8回目。私たちはとても小さな会社ですので、それほど大きなことは出来ません。それでも年に一度、被災地の現状や被災された方々の苦しみを思い浮かべ、出来ることを続けていくことは、金額の大小にかかわらず意味のあることではないかと考えています。

こんな小さな私たちですが、今回のキャンペーン後には、寄付総額は1,200万円を超える予定です。これが実現できるのは、米国シナジーカンパニーからの驚くような申し出があったからなのです。

5年前の震災翌日のことでした。私たちを心配したミッチェル・メイ(現シナジーカンパニー会長)からメールが届きました。そしてすぐに電話で話をしました。破壊された東北の様子や東京の混乱のなかで、私はあまりに不安定な気持ちになっていて、電話口で、「もう二度とお会い出来ないかもしれません」と泣いてしまったことを思いだします。

その日からシナジーカンパニーでは支援に向けて、実に迅速に動き出しました。なんと2ヶ月後には、ピュアシナジー120gが10,000本、私たちの倉庫に積みあがっていたのです。
通常であれば1年以上先まで工場のスケジュールは埋まっていて、割り込むことなどできません。
ところがそれら全ての予定を繰り下げて、ほとんど売上にもならない支援用の製品を作ってくれたのです。その決断は本当に見事なものでした。
(つづく)

カムカム

先頭へ戻る

ページトップへ