志村洋子さんとの対談〈後半〉

オフィシャルショップはこんなにお得!

特集・読み物

CEO大瀧純子のスペシャル対談

INDEX

志村洋子さんとの対談(後半)

大瀧純子
シナジーカンパニージャパンCEO。オーガニックハーブ製品の開発者であり、企画プロデューサー。ガイア・エヌピーにて国産初のハーブサプリメントシリーズを事業化。その後、ナチュラルハウスのバイヤーを経てシナジーカンパニージャパンへ。同社の創業メンバーとして活動しながら、子育てや家庭生活を両立させてきた経験を踏まえ、女性ならではの視点での開発や事業運営に取り組む。
志村洋子さん
染織作家。「藍建て」に強く心を引かれ、30代から母、志村ふくみ氏(人間国宝)と同じ染織の世界に入る。1989年に、宗教、芸術、教育など文化の全体像を織物を通して学ぶ場として「都機工房」を創設。2013年、志村ふくみ氏と共に、アルスシムラ(芸術学校)を設立。作品集に『志村洋子 染と織の意匠 オペラ』がある。新潮社「考える人」にて「日本の色と言葉」を連載中(2014年2月現在)。
http://www.shimuranoiro.com/

植物の色が我々を守ってくれている

対談画像1

大瀧: ピュアシナジーの開発者であるミッチェルは、製品を開発する際、植物の色を見てブレンドを決めていくんです。
植物もただ52種類あればいいというのではなく、色の組み合わせとして「これが美しい」という美意識の中でつくっている。「美しい」ということは最高に「調和している」ということですね。ベストな美しさ、最高の調和が人間のこころと身体にも調和をもたらし、働きかける。これを追及して作られたのがピュアシナジーです。

志村洋子さん(以下志村): 糸の色と織物の関係とも似ていますね。
私たちは植物で染めた糸で織った着物を着ることは人間の身を守ることだと考えています。ピュアシナジーはそれを内側から行う感じですね。
ピュアシナジーを飲むと体が変わるだけでなく、気持ちとか考え方とか、視点とか人との関係性とか、いろんなことが変わってきますよね。

大瀧: 先生の工房でたくさんの色糸を拝見した時に、これはピュアシナジーと一緒だなと思いました。先生の糸棚とミッチェルの研究室がとても似ているんです。
いくつもの美しい自然の色に囲まれていて。個々の色が際立っていて。
色については、科学的な研究が積極的に行われていて、最近になって色の意味や役割が発見されつつあります。でも、科学的な裏付けを得る前から色のすごさはわかる人はわかっていたんですよね。

対談画像2

志村: 植物からいただく色を見ていて不思議に思うのは、天体の変化との関係です。
夕方から夜、夜から明け方は特に反応していろんな色を出してくる。
昼から闇に向かっていくというのは、生から死へ向かうのと同じだと思います。
生きている時に死を垣間見るというか、天体があまりにも美しいから感動して、我々は見入ることができる。

大瀧: 一方、夜が明けて行くのは、死から生ということですね。その時にも、天体は美しい光景を我々に見せてくれます。死への移行にも生への移行にも美しい色があるのが自然ですね。

志村: 私たちはいま、終末期医療に対して「しむらのいろ」ができることがあるのではと思い、その活動を始めたいと考えています。
死をおどろおどろしくとりあげる、タブーとしてとりあげることもできるけど、色が関わると感動に変わる。虹も同じ。虹をたどっていったらあの世かもしれないけど、たどってみたくなるのは色の力です。
終末期の医療に色の力を取り入れていくと、死に対して恐怖ではなく憧れや希望をもちながらに旅立っていけるのではないかと思うのです。

大瀧: 私たちは生まれた時から死に向かって生きていますが、死が忌むべき最悪のことというのは本当は違うのではないかと思う時があります。それでも、死は恐ろしい闇で、孤独で、苦しくて・・・そんなふうに刷り込まれてもいる。ですから、死を感じる時に色の助けがあるということはすごく大きいと思います。

志村: 死者にどこかに宿りがあるとしたら、この世では色だと思うんです。色によって死者との対話ができるかもしれない。
死に装束を私は桜、私は紺、と好きな色を決めておき、それを生きているうちに作って最後にまとう。自分で決めた衣装に抱かれてあの世に旅立つという安心感は格別でしょう。 日本の着物はまさにその形に適していると思います。
植物の命をいただいて染めあげた美しい色糸や、その織物が、終末期にあるひとの心を穏やかにするのではと考えています。

植物の力で意識が変わる

対談画像3

志村: ピュアシナジーを飲んでいて思うのは、いいものは身体が勝手にわかってくるということですね。
身体が一気に元気になるというよりは、まず意識が変わる。意識が変わることがやはりとても重要で、そこからすべてが始まります。意識が元気になることは、身体が元気になることを意味しますね。
母(志村ふくみ)も私も毎日欠かさず飲んでいます。母は特に元気です。

大瀧: ピュアシナジーは色が身体に話しかけている感じなんです。
ハーブも量をたくさんとればいいというものでもなく、少量でもいいからいろんな種類をとることが大切。いろんな色が心身に個別に話しかけて調和していくのがピュアシナジーです。
それは薬ではできないし、ひとつの食べものでは不十分。52種類の植物、52色の色が一緒に働きかけるからこそできることなんです。まさにハーモニーです。

志村: 偏った食事や生活習慣も上手に調和してくれるということですね。足りなければ補い、多ければ変化させる。これはひとつのマジックですね。そういう食品は、他にはちょっとないですよ。

大瀧: それも、ひとりひとり異なった身体に話しかけながらですから、単調な働きではありません。合成物では決して起こりえないことです。

志村: 普通の食事ではそういうことは起こらない?こういう特別なものがどうしてもいる時代なんでしょうか?

大瀧: 昔は一つひとつの植物がもっとパワーがあったんだと思います。実際、少し前の時代までは合成の医薬品はなくて、植物が薬だったんですから。でも現代では土がだめになっていたり、化学的なものが邪魔してきたりとかで、ピュアな植物の力を身体に取り入れることがすごく難しくなっています。

対談画像4

大瀧: ピュアシナジーは病気を治すという考え方ではなく、生き方を変えるという考え方なんです。医学では、意識で心身を直していくという考え方はないのですが、植物に関係している人はみな、生き方そのものを変えれば病気は変わっていくことを知っています。
ある時期病気になったとしても、それもその人の人生の一部。病気がダメとか、悪とかではなく、それがその人の成長にとって必要なのかもしれない。 病気の状態でも健康な状態でも、ピュアシナジーはいつでも寄り添っていますよ、というスタンスなんです。もちろんできれば病気にならずに成長できるほうがいいですけれどね。

志村: 苦しみは、ある意味ありがたい、と思います。人生をリセットできる、再スタートできるポイントであることが、ありがたいんです。
そういう時にピュアシナジーのように寄り添ってくれる存在があるというのは、とても心強いですね。

アルスシムラ芸術学校

対談画像5

大瀧: 先生は(志村)ふくみ先生とともにお二人が創造した染織の世界を、芸術体験を通して学ぶ場として昨年からアルスシムラという学校もスタートされました。私も第1期の入学生として毎週京都まで通いましたが、本当に特別な体験でした。

志村: 今年初めて卒業生が出て、2月に卒業制作の展示会を行いました。この道40年の本職の方を始め、プロ中のプロと言われる方々が来場して、彼女たちの作品を観てくださったのですが、みなさん作品の出来栄えに本当にびっくりされていました。

大瀧: 作品の素晴らしさというのは、何年それをやったから、ということではないのでしょうね。

志村: 年月だけでないことは確かです。でも、その素晴らしさがずっと続くのかというとそういうわけでもない。
いま何かが宿ったからこの花が開いたけれど、それがいつまでも宿っているのかということは、ちょっとわかりません。

大瀧: 先生たちの糸の力によるところも大きいと思います。この糸に魅せられてしまうというか。日々いろんな色に囲まれているはずなのに、先生たちの糸の色に触れると、懐かしさや心の奥への刺激があるんですよね。植物の秘密を初めて目で見たような気分になります。

志村: 植物は本質が、わがままでないというか、自分がないんです。
それが命の本体だと思います。そういう意味で、植物は命そのものなんです。
私たちの糸を見て心の奥に刺激を感じるというならば、それはきっと自分の中にある命と呼応するからだと思います。もう少しいうと、心の中身、言葉ということでしょうか。
いまここに存在している深いところにある、なにものかにタッチできる、それが植物から出ている色だと思います。みなさんきっと、そこに惹きつけられるのでしょう。
植物を見てきれいだと思うのは、自分の中にそれがあるからなんですよね。
自然を見て、その移り変わりを愛でるというのは、自分の中の植物がそう言っているからなんでしょう。

対談画像6

大瀧: 先生たちの学校に通っていると、言葉まで変わってきます。 内側にある言葉の感覚がより繊細に、同時に豊かになってくると言えばいいのでしょうか。

志村: 大瀧さんが特別講師として先日いらして、弟子たちにワークショップをして下さった時に
一人ひとりが好きな色の糸を手に取って、出てくるイメージを言葉で表現してみるという授業をしてくれました。
驚いたのが、多くのものが生まれ育った地の情景を話したことです。それから、自身の心の話に入っていくひとが多かったです。
色糸を手に取るだけで、あれだけの言葉があふれてくるということが印象的でした。

対談画像7

大瀧: アルスシムラでは染織の技法を教えるよりも、参加するだけで心の中が変わっていくようなことが毎時間起こっている感じでした。それが、芸術や思想というものなのか、とても特別なことだと思いました。

志村: 着物は素晴らしいものですが、今の時代に実際に着て生活するのは難しい。それでも織った布は、布として格が高いんですね。それをどうしたら伝えられるか?ということを掘り下げて、教育ということにたどり着きました。染織によって、審美眼や思考力を磨いていこう、という取り組みをしたかったんです。誰もが本来持っている感覚ですが、ふたをされていることが多いと思います。

大瀧: 最初は染めて、織ってということに憧れて入学されるのでしょうが、実際に入ってみると、もっと他の部分が刺激されてくる気がします。

志村: 染織をしていると、驚きっぱなしなんです。
染めや織りに自分自身が驚く、それをもう一人の自分が見て、すごいことだと確信している。そんな感覚でしょうか。
染織は形として残るものなので、一度驚いて終わり、ではないんです。
講演や映画でも驚きを感じることがありますが、やがてその驚きは消えていく。でも、染織ではその驚きが糸として物質化して、残っているんですよね。驚きが色あせないというのは物質ならではの素晴らしさだと思います。

大瀧: ピュアシナジーの作り手でありシナジーカンパニーの創業者であるミッチェル・メイも、肉体(物質)があることの素晴らしさをよく語ります。肉体はこころ(スピリット)の乗り物としても大切にする必要があって、それを支えるためにピュアシナジーを作っているという感覚なのですが、この感覚が先生たちに近いなとあらためて思いました。
今日は素晴らしい機会を与えてくださり、本当にありがとうございました。

これからもピュアシナジーが洋子先生、ふくみ先生、そしてご家族の皆さまのお役に立てることを心から願っています。私もいつか先生方の作られるお着物をまとってみたいと思いました。

先頭へ戻る

ページトップへ