よくあるご質問緑豆まるごと葉酸



緑豆まるごと葉酸について

このQ&このQ&Aは、緑豆まるごと葉酸をより深く理解するために作成されたものであり、効果・効能を標榜するために作成されたものではありません。緑豆まるごと葉酸は、薬事法上、「食品」であり、効果効能を標榜することは禁じられています。また、これらの記述は、病気の診断・治療について記述したものではありません。
緑豆まるごと葉酸ってなに?
1.緑豆まるごと葉酸はどのような製品なのですか?

緑豆まるごと葉酸は、シナジーカンパニー創立者で、ピュアシナジー開発者でもあるミッチェル・メイが日本人のためにブレンドしたシナジーカンパニージャパンのオリジナル製品です。ミッチェルの永年にわたる研究により、食素材から、安定した葉酸を作ることに成功しました。
シナジーカンパニーの厳しい基準をクリアし、かつオーガニック認証を受けた原材料を使用した製品です。他の製品同様、原材料の製造、ブレンド、加工、充填に至るまで、丁寧に作りあげられています。

妊娠を期待されている方、妊娠中・授乳中の方はもちろん、すべての方に必須のビタミンである葉酸を、安心してお使い頂けるよう、細心の注意を払って開発・製造しています。

緑豆まるごと葉酸のはたらき
2.緑豆まるごと葉酸は、どのような人にお勧めですか?

妊娠・授乳期の方に
妊娠・授乳期に葉酸が必要であることは、厚生労働省が発表している通りです。厚生労働省は、妊娠期には、一日480mcg、授乳期には340mcgの摂取を推奨しています。また妊娠を計画している女性、可能性のある女性には400mcgの摂取を推奨しています。

葉酸はご年配の方への働きでも注目されています。
昨今では、葉酸が妊娠・授乳期の方だけでなく、ご年配の方にも有用であるということが、研究で明らかになってきました。シナジーカンパニーの推奨量は400mcg(緑豆まるごと葉酸2粒)です。

緑豆まるごと葉酸の原材料について
3.緑豆まるごと葉酸にブレンドされている原材料の役割を教えて下さい。

緑豆まるごと葉酸は、緑豆の若芽(スプラウト)に含まれている葉酸を中心に、他の素材を補助成分として配合し、シナジーカンパニー独自の方法で作られています。
シナジーカンパニーの「葉酸」の原材料は米国オーガニック認証団体OTCOの認証を受けています。

緑豆まるごと葉酸のご使用について
4.緑豆まるごと葉酸は、妊娠するどの位前から飲むのがよいでしょうか?

葉酸というビタミンは妊娠のごく初期に不足していると胎児に悪影響を与えることが分かっています。ご自身が妊娠に気付いたその時には、既にその大事な時期を過ぎているということもあり得ます。妊娠する可能性がある女性であれば今日からでも始めて頂くことをお勧めします。

5.妊娠中ですが、緑豆まるごと葉酸を利用できますか?授乳中はどうでしょうか?

妊娠、授乳期に葉酸が不可欠であることは厚生労働省の発表にある通りです。推奨量は妊娠期480mcg、授乳期340mcgです。

この時期は、さまざまな刺激に敏感で、繊細な注意が必要な期間です。何らかのご不安がある場合は、必ずあらかじめ、掛かりつけの医師や助産師にご相談下さい。

6.緑豆まるごと葉酸を一日、2回以上飲んでも構いませんか?
摂取目安量を越える量の緑豆まるごと葉酸を摂っても大丈夫ですか?

摂取目安量は2粒となっています。それを一日2回に分けてお摂り頂くのが最もお勧めの方法です。
また厚生労働省が定める一日の上限摂取量は1300mcgになっています。それを超えないよう、過剰摂取にお気をつけ下さい。





















































先頭へ戻る

ページトップへ