よくあるご質問ヴァイタシナジー



ヴァイタシナジーについて

このQ&Aは、ヴァイタシナジーをより深く理解するために作成されたものであり、効果・効能を標榜するために作成されたものではありません。ヴァイタシナジーは、薬事法上、「食品」であり、効果効能を標榜することは禁じられています。また、これらの記述は、病気の診断・治療について記述したものではありません。
ヴァイタシナジーってなに?
1.ヴァイタシナジーは、どのような製品なのですか?

ヴァイタシナジーは、植物を酵母で発酵して作られた酵母型ビタミン・ミネラルサプリメントで、通常の食事に近い形で必要な栄養が補えます。ヴァイタシナジーでは、次の3つのシリーズをご用意しています。
「ベイシック」はお子様からシルバー世代の方までおとり頂ける基本のビタミン・ミネラルです。「フォーウーマン」は、毎日の健康に必要な25種類のビタミン・ミネラルを補うとともに、さらに女性のリズムとバランスの安定に寄与するハーブがブレンドされています。「フォーエナジー」は、ビタミン・ミネラルに関してはウーマンと同様ですが、さらに忙しい毎日を乗り切るパワーとエネルギーをサポートするハーブがブレンドされています。3つの中から目的に合った製品をお選び下さい。

2.ヴァイタシナジーは、どのような目的で開発されたのですか?

環境や食べものからの影響、不摂生なライフスタイルなどにより、毎日の食事から多様な栄養素を十分に補うことは難しくなり、現代は、ますます積極的なケアが必要な時代と言えます。ヴァイタシナジーは、不足している栄養素を手軽に補い、高品質のビタミン・ミネラルで身体を満たしながら、その機能や働きをサポートします。心身に必要なビタミン・ミネラルは不足しがちです。ヴァイタシナジーは、安全に、必要なビタミン・ミネラルをしっかり摂取したい、という方におすすめの製品です。

3.ベイシック、フォーウーマン、フォーエナジーそれぞれ特徴を教えて下さい。

ベイシックは、普段の食事からでは不足しがちな、ビタミン・ミネラルを、食事に近い形でおとり頂けます。年齢や性別を問わず、お子様からシルバー世代の方まで、幅広い年代の方にお使い頂けます。フォーウーマンは、女性特有のリズムやバランスを整えたいとお考えの方にご愛用頂いています。 フォーエナジーは、パワーとエネルギーのサポートが必要とお考えの方に、男女を問わず広くご愛用頂いています。

4.ピュアシナジーとヴァイタシナジーの違いは何ですか?

ピュアシナジーは、できるだけ多くの「植物栄養素」とその組み合わせが、おひとりおひとりの弱いところに働きかけるよう、開発されました。一方、ヴァイタシナジーは、植物由来の「ビタミン・ミネラル」をベースに、フォーウーマン、フォーエナジーには、目的に合わせた各々20種以上のハーブをブレンドしています。
働きにおいての違いを「健康のベース=土地」に例えてみると、ピュアシナジーで「土地」を耕し、豊かで強い地盤を作り、ヴァイタシナジーで種をまき、水や肥料をあげて、花や草木を育てるといった役割になります。健康で安定した心身であれば、食べものがもつ栄養素を十分に活かすことができます。また、ビタミン・ミネラルをはじめ、豊かな栄養素が含まれた食事が、毎日の快適な活動には必要となります。その両方がそろうことで、心身は十分に働き、健康な毎日を過ごすことができるのです。
詳しくはこちら

5.ピュアシナジーとヴァイタシナジー、一方だけ飲むとしたら、どちらがおすすめですか?

2つの製品は、それぞれに代用品では補うことのできない、極めて重要な役割があります。さまざまな状況で、両方の摂取目安量をとることが難しい場合、各々の量を減らして、両方をお使い頂くことをおすすめします。まずはどちらかで始めたい、というご希望でしたら、健康な心身の土台を作るピュアシナジーから始められることをおすすめします。

6.酵母型ビタミン・ミネラルとは何ですか?

味噌や日本酒、ワイン、パンなどの製造に欠かせない酵母。酵母は発酵する際、原材料から様々な栄養素をとり込んでいきます。ヴァイタシナジーでは、植物の栄養を酵母で育てることで、その植物がもつ多様な植物栄養素などを含んだ酵母型のビタミン・ミネラルを完成させました。

7.ヴァイタシナジーに含まれているビタミン・ミネラルと合成のビタミン・ミネラルとは、どこが違うのですか?

自然界には、ビタミンは単独では存在しません。例えば、果物にビタミンCが含まれている場合、いつもそれをサポートする植物栄養素が一緒に存在しています。一方、合成のビタミンCサプリメントには、その補助成分となる植物栄養素や酵素などは含まれていません。そこが、ビタミンCを豊富に含む果物を食べることと、合成のビタミンCサプリメントを飲むことの根本的な違いです。ヴァイタシナジーは、できる限り食品に近い形でビタミン・ミネラルを摂取できるように作られています。

8.ヴァイタシナジーに、ビタミンB12が多く含まれているのはなぜですか?

ヴァイタシナジーの開発者ミッチェル・メイが、健康と栄養素に関する研究を始めた時、最も大きな発見のひとつが、ビタミンB12の重要性に関するものでした。ビタミンB12の必要量は微量ですが、その必要量が満たされているかには十分な配慮が必要です。ビタミンB12は、身体だけでなく、感情や精神に極めて密接に関係し、破壊されやすい栄養素でもあります。私たちは、この栄養素を人間の身体と心を結びつける重要な栄養素であり、現代人に最も不足しがちな栄養素のひとつであると考えています。

9.ヴァイタシナジーフォーウーマンは女性向けの製品ですが、成分合有量に鉄分の記載がないのはなぜですか?

一般には、女性は鉄分不足気味であるといわれていますが、できる限り幅広く、さまざまな女性の方におとり頂くことを念頭に、フォーウーマンにはあえて鉄分を配合しておりません。鉄不足はすべての女性に当てはまるわけではなく、必ずしもサプリメントで補う必要はありません。逆に、閉経後の女性の場合、鉄分の過剰摂取による「鉄過剰症」のような弊害を引き起こす場合もあります。鉄分の不足が気になる方は、医師・薬剤師などの適切な診断、処方による摂取をおすすめします。

10.原材料にある「HPMC」の原料は何ですか?それは、何の目的で配合されているのですか?

HPMCは植物繊維=植物性のセルロースのことです。安心してお召し上がり下さい。これは、松の樹皮の繊維からできています。ヴァイタシナジーではHPMCをコーティングの原材料として用いています。コーティングは酸化を防ぎ、品質保持の目的で使用されています。

11.ヴァイタシナジーは長期間とり続けても安全ですか?

私たちは、ヴァイタシナジーの開発にあたり、数十年に渡って、毎日一定量を持続的に摂取して頂くことを前提に取り組みました。原材料の選定、加工方法、ブレンド、摂取量も、まず安全性を最優先にしながら製品を作っています。

12.通常の食事やビタミン・ミネラル剤と併用しても大丈夫ですか?

シナジーカンパニー製品は、すべて天然素材からできていますので、他の食べものと一緒でも、安心してお召し上がり頂けます。ただし、他のビタミン・ミネラル剤などを併用される際には、各栄養素の摂取量が、厚生労働省により決められた許容上限量を越えないように、ご注意下さい。通常のお食事に加え、ヴァイタシナジーの摂取目安量をおとり頂くだけであれば、特にご心配は要りません。

13.ホルモン剤を飲んでいますが、ヴァイタシナジーを飲んでも大丈夫ですか?

ベイシックであれば特に問題はないかと思われます。フォーウーマン、およびフォーエナジーを飲まれる場合は、必ず、かかりつけの医師などにご相談の上、お召し上がり下さい。ハーブの中には、医薬品との併用に注意が必要な成分が含まれる場合もあります。お客様がご使用になっているホルモン剤がどのような性質を持っているか、そのお薬との相性をご確認下さい。

14.フォーウーマンを男性が飲んだらどうなりますか?

ビタミン・ミネラルの部分では、フォーエナジーとフォーウーマンで若干の差異はありますが、どちらも健康をサポートするのに役立ちます。含まれるハーブに関しては異なりますが、男性がフォーウーマンを摂取したり、あるいは摂取し続けることで、健康に問題が出ることはありません。 ですが、フォーウーマンは、女性によりメリットを感じて頂けるハーブを多く含みますので、男性にはフォーエナジーをおすすめします。

15.パワーもつけたいし、リズムも整えたい場合は、ヴァイタシナジーを2種類飲んでいいのですか?

2種類を同時に飲むのではなく、生活シーンや体調によって、使い分けて頂くのがよろしいかと思います。ハードな日々が続く時は「フォーエナジー」を、身体のリズムを整え、バランスを取り戻したい時には「フォーウーマン」のご利用をおすすめします。

16.以前の製品と原材料の表記が一部違うのは、なぜですか?

厚労省の指導により、ビタミン・ミネラルを育てるために使われた植物名ではなく、育成、醸造の結果として得られたビタミン・ミネラル名を記載しています。以前のフォーウーマン、フォーエナジーの原材料表記にあった「シナジーORGニュートリエント」部分が、酵母(ビタミンC含有、亜鉛含有・・・)の表記にあたりますが、大本となる原材料に変更はありません。

17.なぜ、ヴァイタシナジーはパウダータイプがないのですか?

まず、味がピュアシナジーなど他のパウダー製品ほど美味しくないことが挙げられます。発酵したハーブの香りがします。また、一日数回に分けて摂取することをおすすめしているという、この製品の特性上、携帯に便利であることが求められ、その理由からもタブレットという形態になっています。

18.なぜ、ヴァイタシナジーは冷蔵庫へ入れてはいけないのですか?

冷蔵庫へ保管すると、過度の乾燥で、タブレットが割れる恐れがあります。開封後は、フタをしっかりと閉めて、冷暗所に保存して下さい。(万一、乾燥により割れても、品質には問題ございません。)

先頭へ戻る

ページトップへ